面接のNG集について

転職の面接でのNG集

 面接ではやってはいけない行動や発言などがあります。それらのNG集に含まれる行動を自分が取ってしまわないように気をつけましょう。まず、服装や言葉遣いには気をつけてください。社会人としてのマナーを守ることは面接の基本となります。

 それができていなければ問題外となり、どれだけ良い受け答えができたとしても面接で落とされてしまうでしょう。面接では基本的にマイナスな印象を与える回答はNGとなります。わざわざ自分の評価を落としめるようなことを発言してしまわないように気をつけるべきです。

面接で言ってはいけないこと

 面接の際には現在の職場の不満について答えないようにしましょう。たとえば、人間関係についてのトラブルがあり、それで転職を希望していたのだとしても、その理由を正直に伝えてはいけません。面接官から見たら、あなたの人間性の問題であると考えるかもしれないからです。

 余計な一言を言ってしまったり、自分の本音が思わず漏れてしまうことは避けましょう。面接官に自分の本心を探られてしまうととても不利になってしまいます。あまりにも謙遜しすぎたり、逆に調子に乗った発言をしてはいけません。マニュアル通りの回答は絶対にやめるべきでしょう。以上の点に気をつけて面接を受けましょう。

【関連記事】
転職の面接でよく聞かれること
転職での自己紹介の方法

転職での自己紹介の方法

転職活動の自己紹介について

 自己紹介をしてくださいと面接の最初に言われることがあります。その場合は、自分の名前やこれまでの職務経験、業務を通じて得られたスキルやノウハウ、これから挑戦したいことなどを含めて自己紹介をすると良いでしょう。

 事前に何を話すのかを決めておかないと、いきなりその場で考えようと思ってもなかなか上手くいかないものです。順序を組み立てて、どのようにしてアピールするべきかをじっくり考えておきましょう。1分から3分ぐらいにまとまるようにしてください。

 
 時間を指定されることがあるため、複数パターン用意しておきましょう。また、応募企業ごとに別の自己紹介を考えるべきです。

自己紹介で気をつけるべきこと

 自己紹介では明るく笑顔で大きな声を心がけるようにしましょう。どのような内容の言葉を話すよりかは、表情や話し方、声の大きさなどの方が重要となります。

 面接の最初に緊張をほぐすためにも思い切って大きな声を出してみることをおすすめします。そうすることによって、面接をスムーズに進められるようになるでしょう。第一印象はとても大事なもののため、相手に良い印象を与えることを意識しながら自己紹介をしてください。印象が良ければ、それ以降の面接はかなり楽になります。

【関連記事】
転職の面接でよく聞かれること
面接のNG集について

転職の面接でよく聞かれること

転職でよく聞かれること

 転職の面接ではよく聞かれる質問がたくさんあります。よくある質問への回答をまずは考えると良いでしょう。まず、どうして転職をしようと思ったのか、どうして応募企業に興味を持ったのかという質問はよく聞かれます。

 この質問は意欲を見るためのものであり、それぞれの応募企業ごとにきちんと考えておかなければいけません。どうしてもその企業でないとできないことがあることをアピールしましょう。質問への回答では自分に能力があることも含めた回答をすると良いでしょう。そうすることで評価されます。

他によく聞かれること

 もし別の業界へ転職しようとしているならば、それについての理由も尋ねられます。きちんと答えられるように回答を用意しておいてください。当社でやりたいことや挑戦したいことを聞かれるケースもあります。この質問は応募企業のことをきちんと調べていないとなかなか答えるのが難しいでしょう。抽象的な答えではなくて、できるだけ具体的な内容の回答をするべきでしょう。将来のキャリアプランについて、将来の夢について聞かれることも多いです。

 また、条件に関する質問をされるケースもあるため、すぐに答えられるようにしておきましょう。さまざまな質問が行われる可能性があります。

【関連記事】
転職での自己紹介の方法
面接のNG集について