SEの仕事を見つけました。(仕事探し体験)

gf1940216130l

給料が安く、社外で通用するほどのシステム経験、マネジメント経験が積めないと考えたからです。
基本給が安くても残業代で稼ぐものなのだろう考えてシステム業界に飛び込みましたが、実際には残業するほどの仕事はなく、多くても月に30時間程度で、全く残業がない月も多々ありました。
こんなものだと開き直っていた頃、大学時代の友達と飲み会で年収を聞くと100万円以上の差があることがわかり、
仕事が少なくて十分な経験が積めていないことも問題だと考え、転職を決意しました。

システムの経験者採用という枠で応募しましたが、年次の割には経験が少ないためこの部分はポテンシャルでカバーせざるをえませんでした。
結果的に多少名の通ったシステム会社には相手にされず、興味を持ってもらった中小企業のなかから条件の良い企業を選ぶことが精いっぱいでした。

〓ここまで参考にしたサイト〓
中高年はスキルをアピールして転職しよう
中高年転職ガイド|今までの経験を活かそう!

中高年就職サイト
中高年就職サイト|プロが教える最初に登録すべき就職サイトはこちら

20代の転職に役立つ情報
20代の転職ならまずこのサイトを利用すべき!求人サイトランキング


社会人としての自分の市場価値を測れたこと、自分のキャリアをどう形成していくか考えられたこと、もう少しステップアップできるようにがんばろうと思えたことです。
転職して給料はあまり変わりませんでしたが、転職活動によって、自分はどうしたら収入を上げられるようなキャリアを積んでいけるか、
自分が目指すべき方向性をしっかりと決めることができました。
現在はもうワンステップ上の転職ができるように、幅広くビジネススキルの向上に努めています。
資格や英語の勉強をしたほうが良いとよく言われても、必要性を感じないために聞き流していましたが、今になってやっとその意味が分かりました。

新卒採用の就職活動時に自己分析をしたように、一度ゼロベースで考えてみると、選択肢は無数に見つかると思います。
そのうえで、自分が仕事を経験して、自分に向いている、得意な分野を選ぶことが若い人の転職活動のポイントだと思います。

私の仕事探し体験談(20代)

af0100037894l

私は、1年間飲食店にて接客の仕事をしていました。
ですが、飲食店勤務というのは拘束時間も長く、サービス残業も多い業界です。休日も少ないですし、連休もなかなか取れません。
私は、将来の夢があり、そのため様々な資格を取得したいと考えていました。
ですが、飲食店勤務だとなかなかそういった時間をとることが難しく勉強する時間がなかなか取れませんでした。
そこでもう少し時間を有意義に使える仕事に就きたいと思い、転職を決意しました。

私は大学を中退しており、最終学歴が高校卒業だったため、書類審査で落ちてしまうことが多かったです。
私自信は大学中退したことに後悔は一切ありませんでしたが、やはり社会の風は冷たく、やはり大学卒業という縦書きは大きいと感じました。
面接までいくと人柄をかって下さることは多かったですが、面接ではやはり大学を中退した経緯を聞かれるので説明の話し方に苦労しましたし、
勿体無いといわれることも多かったです。

やはり転職ということは自分の人生に大きく関ることなので、自分に合った転職先を探すことが重要だと思いました。
また転職サイトの情報だけだとわからないことも多いので自分の目できちんと見極めることが重要だと思いました。

自分ではわからないベンチャー企業の情報を仕入れることが出来るのでとても参考になりました。
またベンチャー企業は世の中にたくさんあるので、自分でいい会社を見極めることは難しく不安な点も多かったので、
転職サイトでしたら安心して応募することが出来ました。

私が転職活動で勉強になったことは、自分に合った職場を見つけるこたが一番大事だと思いました。
また転職サイトの情報ではわからないことも多いので、わからないことはきちんと相手企業に聞くべきだと思いました。
聞きにくいこともありますが、自分が働く職場なのできちんと聞いて、会社を見極めることが重要です。
また内定を頂いてもすぐに入社を決めずに一度本当にこの会社でいいのかをきちんと考えてから返事をするべきだと思います。