電話嫌いを克服しよう!

相手の表情を想像してみる

 スマートフォン・携帯電話の普及率が爆発的に高まり、メールやチャット機能を通じてのやり取りが主流になりつつある現在、「電話」に対する苦手意識が強くなってきていると指摘されています。この傾向は若者の間で特に顕著であり、日常のコミュニケーションに影響を及ぼしているとの声もあります。

 しかし、現実生活で電話をしなければならない機会はたくさんありますし、それが仕事関連であれば避けるわけにはいきません。社会人である以上、何とかして電話への苦手意識を克服しなければなりません。まず、なぜ電話が嫌だと思うのかを分析し、その対策を考えてみましょう。たいていの場合、会話している相手の顔が見えず恐怖感を覚えるというのが電話恐怖症の理由となっています。そうであれば、電話するときに相手の表情を想像しながら話せば緊張をほぐすことができます。

電話の目的を把握すること

 みんなが見ている中で受話器を持って虚空に向かって話すのは恥ずかしい、という悩みもあります。しかしこの「恥ずかしい」という感情も実は自分自身の思い込みであり、周囲の人々は私たちが思うほどこちらのことを気にしてはいません。「ああ、あの人は電話をしているな」と思うだけです。安心して相手との会話に集中するようにしましょう。

 次に、自分が今なぜ電話をかけているのかを理解するようにしましょう。特に仕事関係で電話をする場合、「電話するために電話している」のではないはずです。電話を通じて解決したい事柄やお知らせしたい情報があり、それを伝えるという目的のために電話をするのです。そのため、電話をすることによって仕事を達成することが目標になります。

 このように何のために相手と電話で話していて、何をしなければならないのかに意識を集中させるようにすると、「電話が怖い」と言っているどころではなくなります。あくまでも商談を取りつけたりサポートを要請したり、または何かを解決するために電話しているわけですので、それらをどのようにこなすかについて考えるようにしてみてください。

転職をすると決めたら早いうちに行動しましょう

xf0635087527l

・20代今の生活はどうでしょうか
 厳しい就活をしてようやく会社に入社してみて、どうでしょうか。学校で勉強したことは生かされていますか。
もちろん仕事ですから良いことばかりではありません。ひょっとして入社して2年3年たってもなかなか下が入ってこなくて
いつまでたっても新人がやらされていること(主に雑用)をいまだにされていませんか。
そもそも雑用が新人の仕事と言うのもおかしな話ですが。特にブラックと呼ばれるような企業では頼りになる先輩(優秀な先輩)が一人やめ二人やめ
先輩のやっていた仕事の一部が振られることもありますよね。
労働時間は決められていますが、ローカルルールで会社拘束時間も多く、給与は一向に上がらない。このままでいいのか悩んでいませんか。

・そろそろ転職と言う言葉が思いついたら
 とりあえず現状を打破したいと言うなら、自分の出来ることはどんなことか、どんなことが不満なのかをよく思い返してみるべきです。
ここは重要で、なんとなく嫌だ。では次に転職できたとしても、もやもやが残るばかりで気が晴れないです。
そしてやはり今のまま職場に居続けることは自分にとってプラスにならないと思うなら、転職プランを立てましょう。
1.いつ辞めるか
2.情報収集。ハローワークやネットで調べる。周りの人にそれとなく話をしてもらう
3.再就職先を決める(内定をもらう)
4.会社に辞表を出す。

 初めに上司に相談して離職せず原状回復できるなら、そもそもそれくらいコミュニケーションが取れているのなら、
転職の必要がありません。それが出来ないのですから自分のなかでいつ辞めるのか決めそこに向かって
資格が必要だったら取得すべきだし、そうでなかったらとにかく情報収集。
100%自分の希望の仕事には就けないでしょうが自分を見つめなおし妥協できる点を探る。
有給を使ってどんどん面接すべきです。内定をもらったら、会社に辞表を出しましょう。会社にもよりますが退職1か月前くらいには出さないといけません
大事なのは、同僚に退職の日までは話さない。そして退職理由も同僚に詳しく話さない。なぜならかれらはこの先もその職場で
仕事をしていくわけですから、会社の悪口を言ってはいけません

・転職したい方へのメッセージ
 昔みたいに年功序列社会ではないし、ずっと同じ会社で定年まで勤め上げなければならないということは今の時代必ずしもありません。
転職を決めたなら、早い方がリセットが効くので、強い意志を持ってよく考えて行動に移してください。