アルバイト経験のある就職希望者は、それを履歴書等に職歴として記載すべきなのか

アルバイトは職歴になり得るのか

 社会人として働いた経験はなくとも、アルバイトの経験ならある、という人は山ほどいるのではないでしょうか。あなたもその一人かもしれません。就職活動時、履歴書を作成しようと思ったら、気になるのが学歴・職歴の欄。「アルバイトって、職歴の欄に書いちゃっていいの?」と考えることは、おかしなことでもなんでもありません。

 おかしいどころか、アルバイトの経験は職歴欄に書くべきでしょう。どのような形態であろうとも仕事は仕事な訳ですから、職歴に書いてはいけない理由などないのです。堂々と書くことでアピールに繋がることはありますし、面接時の話のネタになるかもしれませんから、そうした可能性を残しておくことは、就職活動者にとって欠かせないものとなるはずです。

書いておくべきアルバイト経験

 アルバイト経験は職歴として履歴書等に記載してもOK、というのは間違いありませんが、しかし、絶対に書いておくべきアルバイト経験と、あまり書かない方がいいかもしれないアルバイト経験があるので、そこを整理しておきたいと思います。もし同じアルバイトを長く経験していた、あるいは経験しているのであれば、それは職歴として書いておくべきでしょう。具体的には1年以上同じところで働いていたのであれば、それは立派な職歴となります。

 また、重要な役割を任されていた、あるいは任されている場合でも、必ず書いておかなければなりません。リーダーやサブリーダー、店舗の開け閉め、シフトや人事に関わること、発注など、ある程度経験や信用がないと任されない仕事に従事していた場合は、その内容も書いておいてください。

書かない方がいいかもしれないアルバイト経験

 働いていた期間が極端に短い、例えば半年以内に辞めてしまったなどであれば、そのアルバイト経験はわざわざ書かない方がいいかもしれません。職歴欄に書いておくことで、「どのくらいそのアルバイトは続けていたんですか」などと聞かれるでしょうし、そこで嘘のことを言えば経歴詐称となり、内定取り消し、試用期間中に解雇なんてことにもなりかねないので、むしろ記載しない方が無難。

 誰かとケンカして辞めた、解雇されたなど、こうしたアルバイト経験も、記載しない方がいいでしょう。

【関連記事】
履歴書をどのように書けばいいのか
志望動機の内容のポイントについて
書類での自己PRの方法