入社式での自己紹介のポイント

最初の自己紹介はとても重要

 転職をして新しい職場での仕事のスタートとなるのが入社式です。この時にはどんな会社でも必ず自己紹介を求められるでしょう。この時に職場の人達に好印象を与えることができれば、その後はかなり働きやすくなります。

 入社式の前日までに自己紹介で何を話すのかを考えておきましょう。そして、一応練習をしておきましょう。

 また、どんなことを話すかよりも、話す時の声の大きさや表情などの方がより重要となります。相手に好印象を与えるような話し方を心がけましょう。面接での自己紹介と同じようなものと考えましょう。

自己紹介での注意点

 自己紹介では、不快感を与えないように努めることが大切です。自慢をしたり、過去の職場の不満を言ったりしてはいけません。基本的にネガティブなことを言わないように気をつけてください。自分がどういった人間であるのかを分かりやすく簡潔に伝えましょう。

 あまりにも長い自己紹介はNGとなります。しかし、自分の名前を言うだけの自己紹介もやめておいた方が良いでしょう。多少は気の利いたことを言えるようにしておくべきです。時間としては1分から2分程度で終わるように内容を考えてください。それほど気負う必要はありません。楽な気持ちで自己紹介をしましょう。

【関連記事】
面接のNG集について
入社前のチェックポイント
若い就職者だからこそ意識したい入社後の注意点

入社前のチェックポイント

業界や業務についての勉強をする

 入社する前にきちんとその業界やそこで行う業務についての予備知識を勉強しておきましょう。もちろん、入社をしてからも色々な研修を受けたり、先輩から教わることは可能です。

 しかし、転職者というのは基本的に即戦力として期待されている人材であり、自分で勉強をする力があることを期待されているのです。そのため、入社日までにきちんと勉強をして、色々な知識を頭に入れておくことは最低限やっておくべきことといえるでしょう。会社によっては入社日までに課題を出すケースもあります。

提出書類をチェックする

 新しい会社へ入社する時には色々な書類の提出をしなければいけません。特に年金や保険に関する書類は絶対に必要となるもののため、忘れずに準備しておきましょう。健康診断書や住民票の写しなどが必要となる場合もあります。会社の方からどのような書類を準備しておくべきかについて説明があるためそれを確認してください。

 以前勤めていた会社から受け取らなければいけないタイプの書類もあります。身元保証書を必要とする会社もあります。この場合は保証人を準備しなければいけないため時間がかかってしまいます。事前に保証人になってもらう人を探しておきましょう。色々な準備をすることが大切です。

【関連記事】
面接のNG集について
入社式での自己紹介のポイント
若い就職者だからこそ意識したい入社後の注意点

面接のNG集について

円満退職は大事

 転職活動で無事内定をもらうことができたのならば、新しい会社へ移るための準備をしなければいけません。そのためには、現在在職中の会社を辞める必要があります。この時、できるだけトラブルを起こさないようにして円満退職をしましょう。

 会社を辞めたとしても、以前の職場の人達のお世話になる可能性があるかもしれません。人間関係を維持するためにも、気持ち良い退職を心がけましょう。社会人としてのマナーであり、元の職場の人達のためにも円満退職できるように意識して行動してください。

軽率な行動を取らない

 円満退職をするためには、まず退職をしたいことを直属の上司にだけ伝えてください。この時に上司以外の人に伝えてしまうとそれによってトラブルに発展する可能性があります。上司の指示にしたがいながら行動するべきです。

 きちんと自分の仕事を引き継いでくれる人を探して、その人に必要な情報を与えるようにしましょう。ちゃんとスケジュールを立てて行動してください。上手く退職することができなければ、転職先と在職中の会社の両方に迷惑をかけてしまうことになります。

 軽率な行動を取ってしまえば多くの方に迷惑をかけることになるのです。そのことをきちんと肝に銘じて行動してください。

【関連記事】
入社前のチェックポイント
入社式での自己紹介のポイント
若い就職者だからこそ意識したい入社後の注意点

面接のNG集について

転職の面接でのNG集

 面接ではやってはいけない行動や発言などがあります。それらのNG集に含まれる行動を自分が取ってしまわないように気をつけましょう。まず、服装や言葉遣いには気をつけてください。社会人としてのマナーを守ることは面接の基本となります。

 それができていなければ問題外となり、どれだけ良い受け答えができたとしても面接で落とされてしまうでしょう。面接では基本的にマイナスな印象を与える回答はNGとなります。わざわざ自分の評価を落としめるようなことを発言してしまわないように気をつけるべきです。

面接で言ってはいけないこと

 面接の際には現在の職場の不満について答えないようにしましょう。たとえば、人間関係についてのトラブルがあり、それで転職を希望していたのだとしても、その理由を正直に伝えてはいけません。面接官から見たら、あなたの人間性の問題であると考えるかもしれないからです。

 余計な一言を言ってしまったり、自分の本音が思わず漏れてしまうことは避けましょう。面接官に自分の本心を探られてしまうととても不利になってしまいます。あまりにも謙遜しすぎたり、逆に調子に乗った発言をしてはいけません。マニュアル通りの回答は絶対にやめるべきでしょう。以上の点に気をつけて面接を受けましょう。

【関連記事】
転職の面接でよく聞かれること
転職での自己紹介の方法

転職での自己紹介の方法

転職活動の自己紹介について

 自己紹介をしてくださいと面接の最初に言われることがあります。その場合は、自分の名前やこれまでの職務経験、業務を通じて得られたスキルやノウハウ、これから挑戦したいことなどを含めて自己紹介をすると良いでしょう。

 事前に何を話すのかを決めておかないと、いきなりその場で考えようと思ってもなかなか上手くいかないものです。順序を組み立てて、どのようにしてアピールするべきかをじっくり考えておきましょう。1分から3分ぐらいにまとまるようにしてください。

 
 時間を指定されることがあるため、複数パターン用意しておきましょう。また、応募企業ごとに別の自己紹介を考えるべきです。

自己紹介で気をつけるべきこと

 自己紹介では明るく笑顔で大きな声を心がけるようにしましょう。どのような内容の言葉を話すよりかは、表情や話し方、声の大きさなどの方が重要となります。

 面接の最初に緊張をほぐすためにも思い切って大きな声を出してみることをおすすめします。そうすることによって、面接をスムーズに進められるようになるでしょう。第一印象はとても大事なもののため、相手に良い印象を与えることを意識しながら自己紹介をしてください。印象が良ければ、それ以降の面接はかなり楽になります。

【関連記事】
転職の面接でよく聞かれること
面接のNG集について

転職の面接でよく聞かれること

転職でよく聞かれること

 転職の面接ではよく聞かれる質問がたくさんあります。よくある質問への回答をまずは考えると良いでしょう。まず、どうして転職をしようと思ったのか、どうして応募企業に興味を持ったのかという質問はよく聞かれます。

 この質問は意欲を見るためのものであり、それぞれの応募企業ごとにきちんと考えておかなければいけません。どうしてもその企業でないとできないことがあることをアピールしましょう。質問への回答では自分に能力があることも含めた回答をすると良いでしょう。そうすることで評価されます。

他によく聞かれること

 もし別の業界へ転職しようとしているならば、それについての理由も尋ねられます。きちんと答えられるように回答を用意しておいてください。当社でやりたいことや挑戦したいことを聞かれるケースもあります。この質問は応募企業のことをきちんと調べていないとなかなか答えるのが難しいでしょう。抽象的な答えではなくて、できるだけ具体的な内容の回答をするべきでしょう。将来のキャリアプランについて、将来の夢について聞かれることも多いです。

 また、条件に関する質問をされるケースもあるため、すぐに答えられるようにしておきましょう。さまざまな質問が行われる可能性があります。

【関連記事】
転職での自己紹介の方法
面接のNG集について

書類での自己PRの方法

履歴書で自己PRをする

 履歴書には必ず自己PRをするための項目が設定されています。履歴書の中でも最も重要な部分といえるでしょう。自分がどれだけ魅力的な人材であるのかをアピールするために存在しています。

 これを利用することによって、他の応募者よりも自分の方が良い人材であることを伝えられます。応募先によって必ず自己PRの中身は変えるようにしてください。それぞれの企業の求めている人材は異なっているため、それに合わせて自己PRのための文章も工夫するべきです。他の応募者との差別化を図るために利用しましょう。

自己PRのポイント

 自己PRの文章は短く簡潔にしましょう。段落に分けて、きちんと改行して読みやすくなるように工夫をしましょう。これまでの自分のキャリアを整理して、それらの中から応募先の企業で役に立ちそうな経験をアピールしてください。その際にはどのような理由で役に立つと思うのかを論理的に説明することが大切です。

 きちんと自己分析を行い、自分にはどういった強みがあるのかを考えて、それをアピールしましょう。応募先の企業が求めている人材像を考えて自分がそれに合致する人間であることを主張するべきです。何度も書きなおして、完璧な自己アピールの文章を作成しましょう。

【関連記事】
履歴書をどのように書けばいいのか
志望動機の内容のポイントについて
アルバイト経験のある就職希望者は、それを履歴書等に職歴として記載すべきなのか

志望動機の内容のポイントについて

志望動機は自己PRのためのもの

 志望動機とは、どうして現在の職場から応募先の職場へ転職したいのか、その理由を説明するためのものです。志望動機は自己PRのためのものだと認識してください。ここでしっかりとアピールすることができれば、大きく評価されます。自分にしっかりと意欲があり、将来的なビジョンがあることを伝えましょう。

 内容がきちんと論理的なものになっていて、分かりやすく相手に伝える表現となっているのかはとても重要です。何度も読み返してみて、誤解されないようなものを書きましょう。採用担当者の気持ちになることが大切です。

志望動機での注意点

 志望動機では、応募企業がどのような人材を求めているのかを理解することが大切です。見当外れな内容となってしまうとマイナスポイントになります。自分のこれまでの経験や能力を活かせることを伝えましょう。

 また、どうしても応募先企業でないとできないことをアピールしましょう。転職をしなければいけないという強い気持ちを感じさせるような文章を心がけましょう。自分の強みを理解しており、それが応募先企業で活かせられることを分かりやすく伝えると良いでしょう。

 また、転職をしてから将来的なキャリアについてもきちんと考えていることをアピールしましょう。

【関連記事】
履歴書をどのように書けばいいのか
書類での自己PRの方法
アルバイト経験のある就職希望者は、それを履歴書等に職歴として記載すべきなのか

履歴書をどのように書けばいいのか

履歴書の書き方

 基本的に履歴書の書き方は普通の就活と転職で変わることはほとんどありません。それぞれの応募企業ごとにちゃんと内容を考えて作成しましょう。手抜きをしてはいけません。誤字や脱字がないように注意をしながら作ってください。

 手書きかパソコンで書くかを悩む方は多いでしょうが、基本的にはどちらでも良いでしょう。手書きしか受け付けない企業は今ではほとんどありません。

 事前に内容を下書きしてから実際に書くようにしましょう。入学や入社などの年月日については正確なものを記載するためにちゃんと調べましょう。

履歴書での注意点

 履歴書を作成したら絶対にコピーを取っておきましょう。面接の準備のために必要となるため、コピーが手元にないと困ってしまいます。面接は基本的に履歴書の内容をもとにして行われるからです。郵送で履歴書を送る際には必ず封筒の中に添え状を入れておきましょう。

 そうしないと、その履歴書がどのような目的で送られたものであるのかが分からなくなってしまいます。履歴書は敬体と状態のどちらかに統一しましょう。語尾が混在している履歴書はマイナスとなってしまいます。虚偽の情報は絶対に記載してはいけません。そのような履歴書を送ると必ず問題となってしまうでしょう。

【関連記事】
志望動機の内容のポイントについて
書類での自己PRの方法
アルバイト経験のある就職希望者は、それを履歴書等に職歴として記載すべきなのか

転職サイトの求人票のポイント

転職サイトで求人票をチェックする

 現在の転職活動は転職サイトを利用するのが一般的となっています。サイト上にはたくさんの求人情報が掲載されています。求人票の情報をチェックして、どの企業に応募するのかを決めることになります。この時、求人票の内容をそれぞれ比較する必要があります。

 そして、最も自分が納得できる条件を出している企業に応募するのが一般的です。求人票には給与や福利厚生、休日など働くために必要な条件のことについて詳しく掲載されています。これらの情報を正しく理解することがポイントとなります。

求人票のポイント

 求人票にはまず募集職種が記載されています。自分が希望する職種であるのかを確認しましょう。次に職務内容が記載されてます。これは実際の仕事内容となっているため、自分が望んでいるものとなっているのかを確認してください。具体的な資格や能力について書かれていることがあります。

 求人票に記載されている能力を有する人を求めているという意味です。給与や就業時間、休日などについての情報もあります。これらは働く際の基本的な条件となるため、よく確認しておきましょう。勤務地や待遇、特記事項といった項目もあります。すべての項目についてきちんと内容を確かめましょう。

【関連記事】
業界動向を調べることは大切
ブラック企業には注意する