若い就職者だからこそ意識したい入社後の注意点

動き方・働き方・振る舞い方を覚える

 就職すると、そこにあるのはわからないことばかり。それをひとつずつ把握していきましょう。

 特に注意したいのは、その企業独特の感覚。社内での動き方や仕事のこなし方、あるいは振る舞い方も、もしかしたらこれまでの人生では経験したことがない感覚のものがあるかもしれません。それに慣れることはもちろんですが、それよりも自らそれに溶け込むような意識を持つことが求められます。

 頭で理解しましょう。身体で自然に覚えることもありますが、それを待っていてはいけません。理解する努力も併せれば、慣れや吸収も断然早くなるはず。入社後できるだけ早くその企業独特の感覚を覚えることができれば、その分だけ仕事も早くできるようになるわけです。

疲労や困惑を出すのは帰宅後

 就職すると、その後に待つのは疲労や困惑ばかり。これは仕方ありません。今までやってきたことのない仕事を体験することになるわけですから、20代とは言っても身体も頭も心も疲れてヘトヘトになるでしょう。

 しかし、その疲労や困惑をあまり表に出すのはいただけません。そうした感情や雰囲気というのは周囲の人に伝わってしまうものであり、それは決して周りの人たちを良い気分にさせるものではないからです。

 疲労や困惑を出すのは帰宅後にしましょう。その疲労をどうやって癒すか、あるいは困惑をどうやって解消していくかをよく考えるのも入社後の注意点のひとつ。疲労や困惑と付き合う覚悟も持っておいた方がいいのかもしれません。

当面は休みも返上の覚悟で

 入社後間もない就職者の休日は休日にあらずです。就職してからしばらくは休みを返上する覚悟でいてください。当面は、知識を吸収することや技術を身につけるために休日を充てること。就職してからものすごい勢いで成果を出す人は、必ずと言っていいほど休日を仕事のために使っています。あなたもそんな社会人を目指しましょう。

 これは20代のような若い人だからこそできることでもあるのかもしれません。多少無理をしてでも仕事のために時間を費やす。その意識さえ持っていれば、あなたはきっと優れた社会人となり、満足のいく生活が送れるはずです。

【関連記事】
面接のNG集について
入社前のチェックポイント
入社式での自己紹介のポイント