就活しよう!正社員になるための仕事探し術とは

記事中ヘッダー画像NEW

1.20代の仕事探しはその後の人生に影響する

 20代のうちに正社員になりたいと、就職活動に励んでいる人は、目の前の応募をどうクリアするかに意識が集中しがちです。

ですが、20代でどういう仕事に就き、どんな働き方をしたかで、生涯年収を含めた、その後の人生に大きな影響を与えます。そのため、キャリアプランをたてて、計画的に就職活動をすることをおすすめします。

2.計画的に就職活動を進める手順

 「正社員になること」が目的ではなく、働き続けられる企業に就職することを目指すなら、手順に沿って計画的に就職活動を進める方が効率的です。

ここがポイント!

  • 自己分析をして、どんな仕事に就きたいか、どんなときに喜びを感じるかを理解しておく
  • どんな業界なら、自分の希望がかなうかを考える
  • 合同企業説明会やセミナーにできるだけ多く参加して、企業の実際を知る
  • 気になる企業には片っ端から応募する
  • 応募企業に合わせた、書類や面接の準備をして、採用選考に臨む
  •  ここで一番大切なのは、自己分析でいかに考えを掘り下げるかです。しっかり自分を見つめておきましょう。

    3.転職エージェントも活用しよう

     ですが、一人で計画的に就職活動を進めるのは、なかなか難しいものです。そんなときに活用したいのが、転職エージェントです。

     転職エージェントなら、無料でキャリアコンサルタントのカウンセリングや、個別のアドバイスを受けられます。キャリアプランをたてる道筋もつけてもらえるので、一度相談してみることをおすすめします。

    就職支援が充実した20代で勝負!

     正社員としての就職を目指す20代の仕事探しは、国も後押ししています。新卒・既卒の就業支援のみならず、フリーターやニートを対象にした職業訓練の実施など、その内容も多角化しています。

     厚生労働省や労働局、地方自治体が協力して、20代の若者が無料で受けられるさまざまな就職支援を行っていますので、積極的に参加しましょう。その中には、資格やスキルの習得や就業体験なども含まれています。

     履歴書を書いて、面接を受けることだけが就職活動ではないので、少しでも自己アピールにつながる努力をしておきましょう。